網代邸

01

網代邸

Ajirochayaは100年後もその場所に有り続ける、歴史と文化を継承するためのプロジェクトです。

長年、八王子市横山町で日本茶の小売業を営んできた網代園が所有する5棟の建物群を地域に開き商業・文化施設へと再生するプロジェクトです。JR八王子駅北口から徒歩7~8分の場所に位置し、南北を甲州街道と遊歩道に挟まれた細長い敷地には、明治30年代に建てられた2棟の蔵を始め、第二次世界大戦直後に建てられた日本家屋や店舗、昭和40年代に建てられたRC造のビルの計5棟の建物が密接しながら建っていました。今回の計画では、店舗の建て替えやその他4棟の改修を行なうと同時に、南北を縦断し細長い敷地の通り抜けを可能にするための路地や、遊歩道に向けて開いた小さなオープンスペースの整備を行なうことで、八王子の歴史や街の要素を集約した小さな街区をつくり出しました。

網代邸は網代園のオーナー住居のために第二次世界大戦直後に建てられた木造の日本家屋を改修すると同時に、寝室と風呂やトイレといった水回りを持った家型のボリュームを増築した住居専用の建物です。元々居間であった8畳間は真壁で畳貼りの和室として復元・改修する一方で、現代の生活スタイルに合わせてダイニングキッチンや寝室などそれ以外の部屋は白塗装の大壁にフローリング貼りの洋室に改修しました。欄間や縁側の丸太の梁や垂木などかつての日本家屋の痕跡を残りつつも、現代的な住宅へと生まれ変わらせました。

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12