3F

01

3F

Ajirochayaは100年後もその場所に有り続ける、歴史と文化を継承するためのプロジェクトです。

長年、八王子市横山町で日本茶の小売業を営んできた網代園が所有する5棟の建物群を地域に開き商業・文化施設へと再生するプロジェクトです。JR八王子駅北口から徒歩7~8分の場所に位置し、南北を甲州街道と遊歩道に挟まれた細長い敷地には、明治30年代に建てられた2棟の蔵を始め、第二次世界大戦直後に建てられた日本家屋や店舗、昭和40年代に建てられたRC造のビルの計5棟の建物が密接しながら建っていました。今回の計画では、店舗の建て替えやその他4棟の改修を行なうと同時に、南北を縦断し細長い敷地の通り抜けを可能にするための路地や、遊歩道に向けて開いた小さなオープンスペースの整備を行なうことで、八王子の歴史や街の要素を集約した小さな街区をつくり出しました。

かつては網代園の従業員寮の居住スペースだった場所を改装したB棟3階の約70㎡程度の賃貸用のスペースです。内装は全て撤去し、トイレや流し台など必要最低限の設備を設けました。平面を概ね3分割し、それぞれをタイルを撤去しクリア塗装で仕上げた床、モルタル仕上げの床、一段上がったフローリング貼りの床と3つの異なる表情を持つ床に仕上げています。また、1階からの動線となる階段や踊り場の仕上げは補修の跡をそのまま見せるラフな仕上げとしています。

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13