kura

kura

Ajirochayaは100年後もその場所に有り続ける、歴史と文化を継承するためのプロジェクトです。

長年、八王子市横山町で日本茶の小売業を営んできた網代園が所有する5棟の建物群を地域に開き商業・文化施設へと再生するプロジェクトです。JR八王子駅北口から徒歩7~8分の場所に位置し、南北を甲州街道と遊歩道に挟まれた細長い敷地には、明治30年代に建てられた2棟の蔵を始め、第二次世界大戦直後に建てられた日本家屋や店舗、昭和40年代に建てられたRC造のビルの計5棟の建物が密接しながら建っていました。今回の計画では、店舗の建て替えやその他4棟の改修を行なうと同時に、南北を縦断し細長い敷地の通り抜けを可能にするための路地や、遊歩道に向けて開いた小さなオープンスペースの整備を行なうことで、八王子の歴史や街の要素を集約した小さな街区をつくり出しました。

kuraは明治中期に建てられた築100年を超す2階建ての蔵を改修したコモンスペースです。展示やトークイベント、コンサート、落語の寄席などを行ない、Ajirochayaの文化施設としての役割を担います。100年超の時間の積み重ねを残すために、改修は外壁と一部内壁、電気工事等最低限に留めております。随所にその歴史を感じることが出来る空間となっています。

 

02

03

04

05

06

07

08

09

10